第55回雄勝酪農農業協同組合通常総会が6月23日、湯沢市内のホテルで行われました。

今回の総会には新たに後継者と新規参入者が加わり行われました。

 ▲ 総会前のひととき
 ▲ 会場内でのみなさん
 ▲ 挨拶をする後継者・新規参入者の皆さん  ▲ 永続勤労賞の授与

組合長は状況報告の中で

「生乳需給の大幅緩和の影響により委託加工発生拡大など、乳価低下を招き経営への影響が大きくなっている。減産の計画生産の実施やグローバル化による行き先不安とうにより生乳生産基盤の弱体化が懸念される
そのなかで当組合は、消費者が求める「安全で安心な牛乳」を安定供給するため「非遺伝子組み換え飼料」や「あきたこまち」の稲ホールクロップサイレージなど給与し、安全に配慮した低温殺菌NON-GMO牛乳の生産に努め、NON-GMO牛乳の有利性を活かし、学校給食の供給や雄勝牛乳販売会社と提携し雄勝牛乳の販売促進に努め、県内の温泉施設や道の駅などへ自販機を設置し販売体制を確立致してきました。」とのべ

また後継者、新規参入者に向けた新規事業の計画、推移状況などが報告されました。



Copyright (C)Ogachi Rakunou. All Right Reserved.