Welcome Ogachi Milk Club Works

 「牛ウイルス性下痢・粘膜病」の採血検査

当組合に北海道や岩手県から雌牛を導入する際に、牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD・MD)の感染を水際で防ぐため2005年9月20日血液検査を行いました。
その結果、秋田県南部家畜保健所より4農家・15頭の導乳牛全頭に於いて陰性と認められました。