Welcome Ogachi Milk Club  Sales

 
   市乳・牛乳販売事業

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和26年11月 5日

農業協同組合法人雄勝酪農農業協同組合設立
設立に参加した酪農家 21名
乳牛飼育頭数 40頭
年間出荷乳量計画 50石(93トン)
出資金 30万

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和26年

牛乳処理場を作り、酪農普及を進める。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和27年 4月 7日

設立認可がおりる

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和27年 6月11日

登記

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和30年

新工場建設、市乳販売開始

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和32年

「雄平仙集約酪農地域」に指定される
 
雄勝、平鹿、仙北の3郡を1地域とする。 「雄平仙集約酪農地域」に指定され、基幹工場はクローバ ー乳業(雪印の分身)大曲工場となり、県南部の牛乳は この工場に集まることになった

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和33年

湯沢市学校給食に牛乳が採用される
秋田市へ市乳原料乳出荷
冬期間の余乳を明治乳業新庄工場へ貨車輸送

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和35年

雪印乳業湯沢工場誘致 

市乳販売事業を中止し酪農生産に努める

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和40年

加工原料乳生産者補給金等暫定法(牛乳不足払い法)成立

これにより日本の牛乳は飲用原料乳と乳製品加工原料の2本立ての乳価制になり、この法律の施行で1県1指定生乳生産団体(秋田県の場合は経済連)に無条件委託販売を強要されることになる

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和54年

乳業メーカーの牛乳引き受け拒否

乳業メーカーは牛乳より儲けのある、牛乳の類似品とジュースの類似品等2、300品目にのぼる製造販売する食品産業メーカー化してしまい乳業メーカーの市乳販売後退と乳製品の輸入の増加で牛乳の消費が伸び悩み牛乳がダブつきに気味となる。昭和54年、経済の不況もからみ、畜産振興事業団の倉庫が乳製品の滞貨でいっぱいになり、このため乳業メーカーは、牛乳の引き受けを拒否することになる。

雪印乳業湯沢工場の閉鎖

牛乳の生産制限が始まり、搾乳牛のと殺に補助金を交付、濃厚飼料の給与量の減らす等の指令が出、その上に雪印乳業湯沢工場の閉鎖を通告してきた

タンクローリーの導入

雪印乳業湯沢工場の閉鎖に伴い、40キロも離れた大曲の経済連クーラーステーションに届けることになり、タンクローリー、バルブクーラー等の導入を余儀なくされた

市乳事業の再開 「雄勝牛乳」の誕生

昭和54年、牛乳の生産調整、雪印乳業湯沢工場の閉鎖等のなか雄勝酪農をどう発展させるか?・・・論議を尽くした上、牛乳の消費の拡大及び開発を自らの力で行う事となる。幸い近くの岩手西和賀地方に湯田牛乳公社の支援を得、「雄勝牛乳」の自前販売の立上げに成功することになる

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和58年

秋田県南生協への牛乳の供給

昭和58年10月、横手市の秋田県南生協が設立され話し合いを重ね共通の目的のうえにたち提携し「雄勝牛乳」を供給を開始した

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和62年

生乳100%ヨーグルト発売

昭和62年1月から、生乳100%ヨーグルト発売  2/15,16犬っこまつりで拡売

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和63年〜平成4年

牛乳拡売

昭和63年2月〜平成4年 犬っこまつりで牛乳の拡売

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

平成7年

消費者の会と市乳開発懇談

湯沢市盆市 ビン牛乳拡売 

雄勝町愛宕婦人学級「ビン牛乳説明」 

雄勝町愛産業祭「ビン牛乳拡売」

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

平成11年

市乳横手地区拡売開始

ふらっと酪農体験実施(横手消費者)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

平成12年

一部非遺伝子組み換え飼料に全量切り替え
NON-GMO牛乳開始

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

平成13年

学校給食 湯沢市・羽後町の小中学生に供給開始

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

平成14年

「雄勝牛乳販売会社」を設立、
秋田全域の道の駅や温泉施設等への拡売


  雄勝酪農 湯田牛乳公社

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

西和賀農協と消費者代表(販売店)の共同出資で株式会社湯田牛乳公社設立
 
産地直売方式で盛岡、北上、宮古の市民生協と手を結び販売ルートの確立
 
昭和54年牛乳の生産調整及び雪印湯沢工場の閉鎖に伴い「雄勝牛乳」開発支援

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

湯沢・雄勝、市乳の委託製造

昭和58年10月

横手市に県南生協が設立され、提携し「雄勝牛乳」を供給する。

昭和60年

湯田牛乳公社 新工場視察

昭和61年

湯田牛乳公社 新工場落成式

昭和63年

湯田牛乳公社生協 産直15周年記念式典

平成 2年

西和賀農協産直交流会(岩手生協連)参加

平成 2年

西和賀酪農と交流会

平成 5年

湯田牛乳公社20周年記念大会出席

平成 7年

西和賀農協にて酪農技術講習会

平成 8年

湯田牛乳公社30周年記念講演